人事

フィードバックが上手くなる!たった一つの答え


1.人の成長に大切なフィードバック

査定結果や評価結果のフィードバックをしていますか?

画像

”人の成長”に最も大切なことは「的確なフィードバック」です。

このフィードバックですが、
もし下記のような事が起きていたら危険信号です!

フィードバック危険度チェック
▢ 相手の認識にズレを感じる
▢ 同じフィードバックを繰り返している
▢ 成長を感じられない、止まっているように感じる
▢ 分かりました!次からがんばります。で終わっている …

皆様、チェックは何個つきましたか?
一つでもついてしまった方は気を付けて!

このような問題は弊社の面談で活用している、
あるフレームワークを使うだけで、劇的に改善できます!

 


2.フィードバックが上手くなる、たった一つの答え

フィードバックが上手い人がしている事。
答えは、「相手と”共通の視点”を持っている」です。

画像

「相手と共通の視点」とは‥‥‥

そもそもフィードバックの内容とは、その人の成長ポイントです。

その成長の段階について、
今がどの段階まできているのか?
お互いが同じ視座で共感・共有できている状態を指します。

どのようにしたら、「共通の視点」ができるか、ですが、
あるフレームを使うと簡単に作ることができます。

アット・アップの研修を受けた方なら
すでに答えに気づいた方もいらっしゃるかと思います。

それは‥‥‥

「能力の5段階」のフレームを活用!

フィードバックに欠かせない共有の視点を作るフレームとは、
成長を5段階に分けた「能力5段階」のフレームです。

【能力5段階】
1段階目:知る
2段階目:わかる
3段位目:やる
4段階目:できる
5段階目:与える

フィードバックが上手くできていない時ほど、以下のケースが多いです。

伝える側‥4段目の「できる」の視点で話をしている
聞く側‥‥2段目の「わかる」の視点で話を聞いている

つまり、大事な3段目の「やる」が抜け落ちているフィードバックです。

よくある事例で例えるとこんな感じです。

________
伝える側
今回の評価で身だしなみの項目は、
「あまりできていない」の評価をつけました。
次回以降はしっかりと改善していきましょうね。

聞く側
分かりました。意識を改め、身だしなみを整え改善致します。
________

このケースは、間違いなく、同じ結果を繰り返すでしょう。

 


大事なポイント

2段目の「わかる」ではなく、
3段目の「やる」についての分析と具体的な改善の行動を明確にすること。

画像

フィードバックの面談では、
3段目の「やる」に話の焦点をおき、
具体的な行動(チャレンジ)を導き出していきます。

マネジメントのフレームで有名なPDCAもありますが、
基本的には「やる」が全ての起点です。

 


ここだけは注意が必要!

チャレンジの結果に対して改善を繰り返しますが、
いざ、直接的なフィードバックを受けると、
聞く側は「やる」ではなく「わかる」の視点で話を受け取ってしまいます。

つまり、うまくいかないフィードバックを繰り返してしまいます。

また、「やる」と「わかる」が逆になっているケースもあります。

伝える側
知る・わかる・やる・できる・与える

聞く側
知る・やる・わかる・できる・与える

このように、「わかる」と、「やる」が逆になっている場合、
話が噛み合わなかったり、伝えたかったことはそうじゃないなど、
次の結果に繋がらないフィードバックとなってしまいます。

だからこそ、「共通の視点」を作れているかどうか、を
意識してフィードバックすることが大切になります。

 


3.@UP流!おすすめ取組方法

☑ 能力5段階のフレームをホワイトボードに書き出す
☑ 印刷した紙を用意して視覚的に確認出来る環境を作る

このように、【可視化】してあげることにより、
話がズレたり、伝わってなさそうだな、と感じた時に
指差しで「今」どの段階で悩んでる?など
お互いの認識を簡単に確認できるようになります。

相手の悩みが
知る(知識)なのか、
わかる(理解度)なのか、
やる(技術)なのか
相手にとっての課題を明確にしてあげましょう。

 


4.まとめ

以上、今回は共通の視点の作り方についてお伝えいたしました。

フィードバックとは、
伸び代を明確にし、次のチャレンジをしやすくするための時間です。

お互いの認識がズレたままでは、
お互いが望んでいない結果を何度も繰り返してしまい、
社員の意欲を下げる原因にもなりえます。

現在運用している制度が古かったり、
社員の満足度や意欲を得られていないと感じた時は、
アット・アップ式評価採点方法を参考にしていただけますと幸いです。

今回お伝えした内容は動画でもお伝えしていますので、
是非動画もご確認ください🎵

視聴はコチラ ▶ https://www.youtube.com/watch?v=tHKLqrAZ-v4

 



「人事で価値を上げる、人事の@UP」

会社名の由来
@=価値
UP=上げる

結果はいつも「人」から生まれる。
「人」の成長無くして組織の成長はありません。
@UPは企業理念である「現場力向上」の実現に向け、
「人」が望む未来を作り続けていきます。

▼@UP人事マガジンのご登録はコチラ▼

https://zc.vg/QKtsO

資料ダウンロード一覧

お問い合せ