Information

二瓶 雄介

コンサルティング事業部

二瓶 雄介

Yusuke Nihei

”熟慮断行”

限られた時間の中で研修やオリエンテーションで何を話そうかとまずは頭の中で考えて「決断」をします。勢いだけではなくすごくよく考えた上で行動に移す、という事を意識的に行っています。

間違いに気づくことがスタート

入社した瞬間から半年ぐらいまで、今までの経験値だけでなんとかしよう、勉強や努力をしなくとも何とかなる、全部できると思い込んでいました。それが間違いだったことに気づくまでが大変でした。
何故うまくいかないんだろう、今まで大丈夫だったのにという感覚を、全く新しい経験や知識で埋めていき、自分を変えていかないといけなかったので、それがとても難しかったです。

相手の気持ちになって考える

上から目線にならないように気を付けています。アット・アップに入社して、初年度は同僚や上司から言われ続けました。でも自分で分かってないんですよ。そんなつもり無いから。最近になって自分を評価するのは自分じゃなく、他人だということに気付いた事が意識変化のきっかけでした。自分がそう思っていることが、相手が思っていることは違うんだと。とにかく謙虚な言い回しや、立ち振る舞いをするようにしようと心がけています。

変わった生き物です

自分を動物に例えるならラッコです。何か他の食べ物を探せば、魚や海藻食べることもできるのに、わざわざ貝を選んでしかも石で割ってという少し変わってるところに共通点があります。少し変わった工夫や努力をする動物ってところにシンパシーを感じますね。
私も他人から変わってるねと言われることがよくあるので。

ラッコじゃなくてチキン…かも?

私は臆病な所があるので、前もって準備をしないと嫌なんです。例えるなら、学校の試験で全然勉強してないと言いながらも、裏で勉強してるような人間です。大丈夫と言いながら、実はものすごく震えてて、準備しないと新しいモノには取り組めなかったりします。行き当たりばったりにならないように、入念な下準備をしてから本番に臨むようにしています。

関連記事一覧

PAGE TOP